<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

CDはどこへ行く <PART2>

f0173964_15152367.jpgモータウンレコードの金字塔
MARVIN GAYE 「WHAT'S GOING ON」(1971)


少し脱線するが、昨年2009年でモータウンレコードが50周年を迎えた。
各メディアで取り上げられていて、モータウン・サウンドを耳にする機会が多くあった。
こうしてあらためて聴いてみると、一世を風靡した60年代のモータウン・サウンドには似通った楽曲が多いなと感じる。
それはホーランド・ドジャー・ホーランドやスモーキー・ロビンソンが作り出す、白人マーケットをも意識した甘く口当たりの良い規則的なベースラインと心地よいタンバリンの音色が、モータウン・サウンドのベースとなっていたからだ。
今日でも色褪せることなく、世界的に認知されているものの殆どがそのリズムパターン。
ダイアナ・ロス&ザ・シュープリームスの「恋はあせらず」とか、テンプスの「マイ・ガール」とか、スティービー・ワンダーの「心の愛」、そしてジャクソン5の「帰ってほしいの」などなど、まさにエバー・グリーン、世界中で愛される珠玉の名作だ。
なんつったって数年前の自分の結婚披露宴の入場曲だって「マイ・ガール」だ!(笑)
(多少ひねってカヴァーヴァージョンを使ったが)

そんなモータウン現象と被る音楽が日本にもある。小室サウンドだ。
90年代に社会現象にもなった一大ムーブメントである。
94~97年には20曲が100万枚以上を売り上げた。今の冷えた市況を考えると物凄い数字。小室哲哉氏は疑いも無い時代の寵児だった。

しかし、ヒット・ファクトリーとしての実績は先のモータウンも小室ファミリーも近い現象ではあったが、その2つのブームには決定的な違いがあるとぼくは感じる。
その一つが音楽そのものである。
モータウン・サウンドの殆どは今なお鑑賞に耐えるもので、市況でもいまだに一定の売上を作る定番的な音楽。実際最近でも映画「ドリーム・ガールズ」や「永遠のモータウン」などでモータウン関連は取り上げられ映像化されている。昨年大きなトピックとなったマイケル・ジャクソンの映画「THIS IS IT」でも、もちろんモータウン時代の曲も映像も使われている。
対する小室サウンドはどうだろう。
今わざわざCDを買って(配信でもレンタルでもいいが)小室サウンドを聞きたいと思う人がどれくらいいるのだろう。
それどころか、小室サウンドが1,2曲位しか思い浮かばない…

f0173964_1592074.jpg同じような曲調、テンポ、キー、そして立て続けのヒットは共通したブームの方程式だが、その楽曲に携わったミュージシャン達の起用には対照的なものがある。
モータウンはソングライター、プロデューサー、ミュージシャン、そしてもちろんシンガーも、楽曲に携わる人全員が一流の腕利き音楽家。その全てが不可欠であり、一つの欠如も許さなかった。それがヒットの前提であったから。
同様な背景が小室ブームにはあっただろうか。小室サウンドで一貫しているのはソングライターが小室氏であることと、歌うのはウマヘタ関係なく知名度高いアイドル。旬であれば芸人でも可。とにかく求められていたのはスピード。1年に何曲リリースできるか、当時のレコード会社が必要としたのはただそれだけだった。

またもう一つ時代の変化も大きな隔たりとなる。モータウン全盛期の60年代は技術革新が進み、楽器、録音技術、加えラジオなどの放送技術も目覚ましく発展。ゆえにより完成度の高いサウンド、音楽を求め、そして競い合った。こうしたイノベーションの波にうまく乗ったのがモータウンだろう。

反対に小室サウンドは無数のシングルを発売したが、当時のシングルCDパッケージの主流は8センチCD。そう、2000年頃には12cmCDシングル(マキシシングル)に取って代わられ、市場や茶の間から姿を消すこととなるあの小さなCDだ。小室サウンドも然り、この8センチCDとともに消えていった…

こうした時代の変化と進化、そして小室サウンドそのものが要因となり、ジャパニーズ・ポップス、ひいては日本音楽の文化的価値が下がり、消費音楽としての位置付けが確立していったような気がする。

たしかに来年には不要となる音楽CDに1,000円や3,000円出せないな。だったら友達に借りるか、カラオケで歌いたい1曲のみ150円でダウンロードすっかな…

今日のパッケージCDの業績不振と、音楽といった文化産業の趨勢はリンクしているのだろう。

<この項まだ続く>
[PR]
by l-jones | 2010-01-29 18:57 | book

CDはどこへ行く <PART1>

f0173964_22233795.jpg図書館で偶然見つけたレコード・コレクターズ2008年7月号(ずいぶん古いな)。その特集に目が留まった。
「CDはどこへ行く」
昨今、音楽CDの売上が下落傾向で、このまま進むと欧米のように配信などの音楽のデータ化が主流となり、近い将来パッケージCDはなくなってしまうのでは?といった話題を、レコード会社、アーティスト、CDショップ、そして音楽ライターや評論家達が俺はCD派だ!私は配信で新たなフィールドを開拓してるんだ!と、けんけんがくがくやっているわけだ。
最近も「09年の音楽CD生産額、16%減 11年連続前年割れ!」「ピークの98年から6割減少!」なんて大騒ぎだし。6割減!?それは心配になりますな。

最終的に結論は出ないのだが、こうした人たちは音楽で飯を食っているわけで、少なくとも一般人よりは音楽が身近にある。
そんな業界人さん達は、往往にして音楽好きでかつ精通し、生活の一部となり、当然所有欲もある。
結果、パッケージ擁護派が多数を占めるのだが…

データを所有。
今の若者達はCDのことを「マスター」と呼んでいるらしい。
単なる音源。音だけ買えれば、音だけ友達から借りられれば満足なんだ。

先日知人宅へおじゃまする機会があった。
リビングにはCDが1枚もない。結構音楽好きなのにな、なんて思っていたら、「パヒューム聴くか!」と言い出し、おもむろに鞄からiPodを取り出してそれをテレビの横にあるミニコンポの上に置いた。
するとなんとそのコンポのスピーカーからパヒュームが!!!!
ってそんな驚くことではないのだが、そのiPodの中には以前所有していたCD数百枚分の音源が格納されているらしい。
彼はCDを1枚も持たずとも、多数の音楽を所有出来ているわけだ。
ちなみにCDは全てブックオフ行きとなったらしい…

音楽をデータで持ち歩くなんて時代ではなかった頃から、CDに親しんでいるぼくにとっては、音だけ所有するなんて違和感極まりない。ぼくからすれば、知人はリビングでパリュームを聴くことができるが、彼はパヒュームを持っていないのだ。


f0173964_030220.jpg子供の頃、最初に買ったレコードって覚えてますか?
覚えてる、小学5,6年の頃近所のレコード屋で買ったさだまさし「恋愛症候群」(どんだけませてんだ!?(笑)でも良い曲ね)。
では最初に買ったCDって覚えてますか?
ん~難しい…中学の頃だからキンクスかフーか…はっきりしない。
では最後に、最初に配信でダウンロードした音楽は?
松たか子「みんなひとり」←というか、この1曲しか買ったことが無いから…

レコードやCDを手に取りジャケット眺め、ライナーノーツ読んで、プロデューサーやアレンジャー、ミュージシャンを確認する。
そして歌詞カードを見て、やっぱり英語わからん、ちょっと高いけど対訳付きの国内盤買えば良かった!また失敗した!と後悔しながら聴く… とか、
聴く度思い出すんだ…この曲を彼女にプレゼントするオリジナルテープに入れるんだ!って意気揚揚と買った頃だっかたな…彼女が去っていったのは、とか…
個人的には音楽はこれだけ楽しんでなんぼのものって気がするんだけどなぁ。
はたして音だけを簡単に手に入れてたら、こうした想い出ってできたかな??
そして極論、レコード無しにビートルズやマイケル・ジャクソンは誕生したのか??

<この項続く>
[PR]
by l-jones | 2010-01-24 19:28 | book

R.I.P. Teddy Pendergrass 1950-2010

大好きなテディ・ペンが逝ってしまった。初めて「二人の絆」を聴いた時の衝撃、今でも覚えている。たくさんの感動をありがとう、テディ!
追悼の意を込め、10年位前にHPにアップしていたアルバム紹介を。

f0173964_0333547.jpgHAROLD MELVIN & THE BLUE NOTES
「Harold Melvin & The Blue Notes」('72/LP)


まずはやっぱりこれ。70年代を代表する傑作アルバム。
テディー・ペンダーグラスというコーラス・グループ屈指のリード・ボーカルの素晴らしさが、そのままグループの魅力となる。ギャンブル&ハフが創り出す、黒く、メローな楽曲に、テディ・ペンのバリトン・ボイスが爆発するA(1)「I Miss You」B(2)「Be For Real」を初めとして、アルバム全体にソウル・ミュージックの様式美めいたものを感じられる。
そして誰もが一度は耳にしてるB(1)「If You Don't Know Me By Now」。ブラック・ミュージック、いやポップ・ミュージック界に永遠と語り継がれるであろう不朽の名作である。最初に聴いた時は「なんて良い曲なんだ~」って素直に感動したっけ。この1曲だけのためにでもこのアルバムは買う価値があるね。
ちなみにテディ・ペンは77年にソロに転向、「Close The Door」「Turn Off The Lights」の代表曲を持つ。これらがヒップ・ホップネタに使われ再評価を受けているが、テディ・ペンはいまだ現役で活動しつづけている事を忘れないでほしい。

PRODUCED BY
KENNEY GAMBLE、LEON HUFF



f0173964_23471885.jpgTEDDY PENDERGRASS
「TP」('80/LP)


70年代のハロルド・メルビン&ザ・ブルーノーツ時代から、セックス・シンボルとして絶大な人気を誇っていたテディ。その彼が運命の悪戯としか思えぬ不慮の事故に遭ったのが82年。その後は奇跡の復活を果たすもの、残念ながら半身不随になったテディに元気な頃の生気は感じ取れない。求める方が酷だろう。個人的には未だ大ファンで新作を待っているが…

80年のこのアルバムは、何処を切ってもテディのフェロモン出しまくり、ホットでセクシーなヴォーカルが堪能できる彼の最高傑作の一枚。
A(1)のアシュフォード&シンプソン作のバラード"Is It Still Good To Ya"から過熱。熱い、熱い。いきなり熱気は最高潮だ。そしてウォーマック兄弟のセシル・ウォーマック作の軽やかなミディアムA(3)"I Just Calld To Say"での余裕を持った歌い回し、ジョーンズ・ガールズがバックで花を添えるスローのA(4)"Can't We Try"でも、やや大味ながら溢れ出る情感が印象的だ。

B面ではやはり大ヒットしたピーボ・ブライソンのB(1)"Feel The Fire"とセシル作のB(3)"Love T.K.O."だろう。都会的な洗練を感じさせるクールなメロディに、テディの声は荒削りでありながら人間味溢れる複雑な表情を付け加える。
B(1)はフューチャーされているステファニー・ミルズとの相性が抜群。二人とも歌が上手い。そしてディープだ。同郷の実力派グループのフューチャーズもバック・コーラスに参加と、全くスキがない。
一方B(3)は数々のサンプリングやカヴァー(山下達郎氏もアカペラカヴァーしてたな)が、その完成度の高さを物語る。バック・ヴォーカルはセシルとフューチャーズ。今現在も耳にする事の多いテディの代表曲。
そしてラストはマクファーデン&ホワイトヘッドのディープなフィリー・バラード(B(4)"Let Me Love You")で締め括り。

テディペンのバリトン・ヴォイスは唯一無二のもの。そして男テディの色気、永久不変だ。
テディペンはこれからも僕のアイドルであり続けるでしょう。

PRODUCED BY
ASHFORD & SIMPSON, DEXTER WANSEL, CECIL WOMACK, JOHN R. FAITH, MCFADDEN & WHITEHEAD, JERRY COHEN, TEDDY PENDERGRASS
[PR]
by l-jones | 2010-01-19 00:25 | soul review