<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

エヴァーグリーン

CURTIS MAYFIELD 3連発
(祝! ++ 「3/25発売 カーティス・メイフィールド SHM-CD 紙ジャケット・コレクション 全9タイトル」++)

f0173964_055597.jpgSUPER FLY(1972)
A1.LITTLE CHILD RUNNIN WILD 2.PUSHERMAN 3.FREDDIE'S DEAD 4.JUNKIE CHASE
B1.GIVE ME YOUR LOVE 2.EDDIE YOU SHOULD KNOW BETTER 3.NO THING ON ME 4.THINK 5.SUPERFLY

A3、B5の大ヒットを生んだ、カーティス最大のヒット作。サントラ盤であるため、インストもあるがその全てひっくるめ、カッコイイの一言。誰だか知らないけどフレディが死んだことを教えてくれたA3をはじめ、A2、B1そしてラストのB5と、今聴いても頭の先から指先まで痺れる。また、B2、B3といったミディアム~スローにおいても、脂の乗りきった紛れもない絶頂期のカーティスに会うことが出来る。
ソウル・ミュージック界に燦燦と輝く名盤。

f0173964_0562040.jpgTHERE'S NO PLACE LIKE AMERICA TODAY(1975)
A1.BILLY JACK 2.WHEN SEASONS CHANGE 3.SO IN LOVE
B1.JESUS 2.BLUE MONDAY PEOPLE 3.HARD TIMES 4.LOVE TO PEOPLE

カーティスのアルバムの中で一番聴いたのがこれ。一人の黒人として社会的なメッセージを歌い上げた、より内省的で暗く重い内容だが、その奥行きの深さと、神秘的で円熟味を帯びるメロディーは何度聴いても心奪われる(ほんと大袈裟じゃないんだなこれが)。珠玉のスローバラードA3、どこまでも暖かく優しく包み込むゴスペルB1、天才ファルセット・シンガー面目躍如のミディアムB2と、どこをとってもそこには唯一無二のカーティスがいる。
現代のアメリカが存在する一つの理由がここにはある。

f0173964_0573050.jpgNEVER SAY YOU CAN'T SURVIVE(1977)
A1.SHOW ME LOVE 2.JUST WANT TO BE WITH YOU 3.WHEN WE'RE ALONE 4.NEVER SAY YOU CAN'T SURVIVE
B1.I'M GONNA WIN YOUR LOVE 2.ALL NIGHT LONG 3.WHEN YOU USED TO BE MINE 4.SPARKLE

あまり話題に上ることもないが、大好きなアルバム。70年のソロ第一弾『CURTIS』から75年の『THERE'S NO PLACE LIKE AMERICA TODAY』までの9枚のアルバムに人気が集中しているが、ディスコの波に逆らうことなしにカーティス流のポップ・ミュージックの消化を図った70年代後半から80年代の作品も僕は素直に感動できる。このアルバムでは以前に見せたカーティスの緊迫した雰囲気や、切迫感漂うファルセットは味わうことは出来ないが、逆にカーティスの暖かさ、温もり、愛くるしさを前面に押し出すことで、それまでのカーティスを一過性のものにしなかったように感じる。
このポップ作品集にも間違いなく、カーティスのどす黒きダンディズムは宿っている。
[PR]
by l-jones | 2009-02-24 01:24 | soul review

アリ・オリでサム・ディーズ

f0173964_11173650.jpgSOUL BAR 「Ali-Ollie!!!!」

久しぶりに恵比寿のソウルバー「アリオリ」を訪問。平日なのにかなりの賑わい。気が付けば満席だ。
本当にテンプスのアリ・オリが来店しちゃうんだからスゴイ。カウンターの壁面には、「WELCOME TO MY CLUB Ali-Ollie WOODSON」の大きなサイン。

アリ・オリに会いに来たんだけど、今日はどこにいるのか、とマスターに聞くと、「今日は厨房。」だって。なんだかマスターも楽しそうだ。

f0173964_11384339.jpgそんな良い雰囲気の中、サム・ディーズの「TAG, TAG」が流れる。その次はウインディ・シティの「GOOD GUYS DON'T ALWAYS WIN」とサム曲が続いた。
そういえば、まだアリオリをオープンさせる前、マスターと横浜のソウルバー「シュガー・シャック」で飲んだことがある。そこで一番好きなアーティストは誰だ?って話になって、サム・ディーズって答えたことがあったな。覚えてたのね。ありがとう。
そしてこれが惹き付けるソウルバーの秘訣なんろうな。また来ます。
ちなみにマスターの一番好きなアーティストは、迷いなく「アリ・オリ」でした。

+++++++++++

SAM DEES SONGBOOK
サム・ディーズが他のアーティストに提供した楽曲一覧。尚,ライター名のないものは本人一人で書いた曲。

曲名(ライター名) / アーティスト
AFTER LOVE HAS LOST IT'S SHINE / RAGINA BELLE (87)
AFTER LOVING YOU / ROCKIE ROBBENS
ALL IN THE NAME OF LOVE / ATLANTIC STARR(87)
AM I DREAMING / ATRANTIC STARR(80),OL SKOOL(98)
CAN I HOLD YOU TO IT (Dees-Lewis-Moon) / LORRAINE JOHNSON(72)
A CASE OF THE BOOGIE / BRAINSTORM(79),SOLARIS(80)
CHAINED & BOUND / ROZETTA JOHNSON(72)
CHANGES / CLARENCE CARTER(70)
CLAIN JUMPING (Dees-Brandon) / JOHN EDWARDS(73)
CRY TO ME (Dees-Camon) / LOLEATTA HOLLOWAY(75)
DROP MY HEART OFF AT THE DOOR (Dees-Knight) / BARBARA HALL(75),BEN E. KING(75)
EARLY MORNING LOVE / ROZETTA JOHNSON(75)
EVERYBODY DON'T GET A SECOND CHANCE / JOHN EDWARDS(96),EXTRA-EXTRA BEN E. KING(75)
FOOL OR YOUR MAN / WINDY CITY(77)
FOOLS LOVE / C.L.BLAST(72)
FOR THE SAKE OF THE MEMORIES / CHARLES JACKSON(79),ROCKIE ROBBINS
GAMES,GAMES / TAVARES(78)
GIRL OVERBOARD (Knight-Dees) / DOROTHY MOORE(78)
GLITTER / GLADYS KNIGHT & THE PIPS(85)
GOOD GUYS DON'T ALWAYS WIN / WINDY CITY(75)
GREATEST LOVE AFFAIR / JEFRRY OSBORNE(82)
HANG TOUGH / ROKIE ROBBINS
HAPPINESS IS WHERE YOU FIND IT (Dees-Crutcher-Knight) / BEN E. KING(75)
HEVEN SENT / GLADYS KNIGHT & THE PIPS(83)
H.E.L.P.M.E.M.Y.L.O.R.D. / LOLEATTA HOLLOWAY(75)
HOLDING THE LOSING HAND / RAZETTA JOHNSON(71)
HOME WRECKERS (Dees-Camon-Davis) / TYRONE DAVIS(75)
HOW CAN YOU LOSE SOMETHING YOU NEVER HAD (Dees-Camon) / RAZETTA JOHNSON(72)
I AM FREE OF YOUR LOVE (C.Yelder-Dees) / BILL BRANDON(72)
I BETCHA DIDN'T KNOW THAT (Knight-Dees) / FREDERICK KNIGHT(75),BEN E. KING(76),K.C. & THE SUNSHINE BAND(79)
POWER(82),KEISA BROWN(85),DOROTHY MOORE(92)
I CAN FEEL MY LOVE COMIN' DOWN / RAZETTA JOHNSON(71)
I CAN SAY NO / PEGGY SCOTT & JO JO BENSON(71)
I KNOW WHERE YOU'RE COMING FROM / LOLEATTA HOLLOWAY(75)
I LIKE TO PARTY / ALPACE PHASE Ⅲ(74)
I THINK I'D DO IT / Z.Z.HILL(70)
I'LL BE YOUR PUPPET (Dees-Camon-Knight) / JOHN EDWARDS(73)
IF SHE DON'T WANT YOU LOVING / ARETHA FRANKLIN(82)
I'M A BILIEVER NOW / BILL BRANDON(72)
I'M GONNA HATE MYSELF IN THE MORNING (Knight-Dees-Crutcher) / TED TAYLOR(76),FIESTAS(77),OTIS CLAY(82)
I'M SICK AND TIRED (Graham-Dees) / LARRY GRAHAM(83)
I'VE GOT TO COME IN / JEAN BATTLE(71)
IT'S BEEN SO NICE (Dees-Knight) / RAZETTA JOHNSON(75)
IT'S GONNA TAKE ALL OUR LOVE / GLADYS KNIGHT & THE PIPS(87)
IT'S GOT TO BE THE REAL THINGTHIS TIME / JOHN EDWARDS(96)
IT'S RAINING ON MY SIDE OF THE BED (Knight-Dees) / DOROTHY MOORE(92)
JUST AS SOON AS THE FEELING'S OVER / MARGIE JOSEPH
JUST THE LONELY TALKING AGAIN / MANHATTANS(83),WHITNEY HOUSTON(87)
KEEP YOUR PANTS ON / DENISE LASALLE(84)
LEFTOVER LOVE / C.L.BLAST(72)
LET ME BE YOUR FULL TIME GROOVER (Lewis-Dees) / BILL BRANDON AND LORRAINE JOHNSON(73/4?)
LET ME HEAL THE BRUISES / TAVARES(78)
LET'S MAKE OUR NEW LOVE SOMETHING SPESIAL / BILL BRANDON AND LORRAINE JOHNSON(73/4?)
LIFE (Knight-Dees-Knight) / GLADYS KNIGHT & THE PIPS(85)
LOVE ALL THE HURT AWAY / ARETHA FRANKLIN & GEORGE BENSON(81)
LOVE MAKING / JEAN BATTLE(70)
LOVER FOR LIFE / WHITNEY HOUSTON(90)
MAKE BELIEVE LOVERS (Knight-Dees-Camon-Ward) / ANITA WARD(78)
MORE MORE MORE / ATLANTIC STARR(83)
MOTHER OF SHAME (Dees-Yelder) / LOLEATTA HOLLOWAY(73)
MY LOVE / TAVARES(78)
MY TIME (Knight-Dees-Knight) / GLADYS KNIGHT & THE PIPS(85)
MY WORLD / GLADYS KNIGHT & THE PIPS(79),POWER(82)
NEVER CHANGE (Abrams-Dees) / COLONEL ABRAMS(86)
NO DANGER OF HEARTACHE AHEAD / BILL BRANDON(76),BEN E. KING(76)
OH LA DE DA (Dees-Knight) / GLADYS KNIGHT & THE PIPS(83)
ONE IN A MILLION YOU / LARRY GRAHAM(80),L.V.JOHNSON(89),FREDDY G.(97)
PERSONAL WOMAN / RAZETTA JOHNSON(72)
PLAY TIME (Dees-DuBois) / CONTROLLERS(87)
RIGHT IN THE MIDDLE OF FALLING IN LOVE / SOLARIS(80),BETTY LAVETTE(82),SANDRA HALL(95)
RUN TO ME (Dees-Eckley) / SIDNEY JOE QUALLS(74)
SAVE THE OVERTIME FOR ME (Smith-Gallo-Knight-Knight-Dees) / GLADYS KNIGHT & THE PIPS(83)
SECONDS (OF YOUR LOVE) (Dees-Knight) / SALSOUL ORCHESTRA,WILSON PICKTT & JACKIE MOORE(82),GLADYS KNIGHT & THE PIPS(83),JOHNNIE TAYLOR(84)
SEND FOR ME (Dees-Kersey) / ATLANTIC STARR(80)
THE SHOW MUST GO ON / LOLEATTA HOLLOWAY(75)
SHUT YOUR MOUTH / SIDNEY JOE QUALLS(74)
SIT DOWN ON YOUR LOVE (Knight-Nix-Dees) / FREDERIC KNIGHT(78)
SNEAKERS ON A ROOSTER / BO DIDDLEY
SO TIED UP (Dees-Brandon) / WILLIE CLAYTON(84)
SPESIAL OCCASION / BILL BRANDON(77),DOROTHY MOORE(78),MILLE JACKSON(82)
SPOILED BY YOUR LOVE (Knight-Dees) / ANITA WARD(78)
STAND UP AND SHOUT ABOUT LOVE (Graham-Graham-Dees) / LARRY GRAHAM(80)
STANDING IN THE WINGS OF HEARTACHE (Dees-Moon) / BEN E. KING(76),TED TAYLOR(76)
STOP THIS MERRY-GO-ROUND (Moon-Gardner-Dees) / BLACK HAZE EXPRESS,BILL BRANDON(72),JOHN EDWARDS(73)
STRAIGHT UP (Knight-Dees-Knight) / GLADYS KNIGHT & THE PIPS(85)
STRIVIN' (Knight-Dees-Knight) / GLADYS KNIGHT & THE PIPS(85)
SWEET SPLENDER / ANITA WARD(78)
TAG, TAG / BILL BRANDON(76)
THERE'S SOMETHING ABOUT YOU (Graham-Dees) / LARRY GRAHAM(80)
TIME (Dees-Knight) / JOHN EDWARDS(96)
TOWER OF STRENGTH (Dees-Crutcher-Knight) / BEN E. KING(76),THE MIGHTY POPE(77)
UNSATISFIDE WOMAN / JEAN BATTLE(71)
VANISHING LOVE / JOHN EDWARDS(74),CHI-LITES(76)
WE ALWAYS COME BACK STRONG / JOHN EDWARDS(96)
WHAT A WAY TO PUT IT / TEMPTATIONS(83),WILLIE CLAYTON(84)
WHEN MY LOVE STARTS COMING DOWN ON ME (Dees-Kersey) / BEAU WILIAMS(83)
WHEN A WOMAN LOVES A MAN / JEAN BATTLE(70)
WHERE DID WE GO WRONG (Dees-Osborne) / LTD(80)
WHO ARE YOU GONNA LOVE / RAZETTA JOHNSON(71)
WIN OR LOSE / WINDY CITY(77)
THE WORLD DON'T OWE YOU NOTHING (Knight-Dees) / LOLETTA HOLLOWAY
WORN OUT BROKEN HEART (Dees-Drayton) / LOLETTA HOLLOWAY(76)
WRAPPED UP IN A GOOD WOMAN'S LOVE / TED TAYLOR(76)
YOU BROUGHT IT ON YOURSELF / BARBARA HALL(75)
YOUR LOVE FINALLY RAN OUT / ATLANTIC STARR(82)
(YOUR LOVE IS LIKE A) BOOMERANG (Knight-Dees) / COREY BLAKE(75),THE DYNAMIC SOUL MACHINE(75)
(YOU'RE MY) APHRODISLAC (Lambert-Dees-Crowley) / DENNIS EDWARDS(84)
YOU'VE BEEN / THE BAR-KEYS(79),LARRY GRAHAM(83),BEAU WILLIAMS(83)

一部除きブラック・ミュージック・リヴュー誌1995年9月号増刊号
ブルース&ソウル・レコーズ誌(株式会社ブルース・インターアクションズ発行)より引用

+++++++++++
[PR]
by l-jones | 2009-02-14 11:49 | soul bar

雪と岩と氷の世界

f0173964_1292840.jpgBOOK
沢木耕太郎 「凍」 ('05)
山野井泰史 「垂直の記憶」 ('04)
九里徳泰 「冒険家になるには」('06)
山と渓谷 「山野井泰史 垂直の記憶」('06)
後藤正治 「不屈者」('05)
DVD
「白夜の大岩壁に挑む~クライマー山野井夫妻~」 ('08)


理解できなかった。なぜ登るのか。

沢木耕太郎著「凍」を読み終えたとき、ふと思い出した。
去年('08)の夏頃に登山家がジョギング中にクマに襲われたな…まさか…と思ってネットで調べてみれば、そこには登山家 山野井泰史さんがクマに襲われ右腕を20針、眉間から鼻にかけて70針ほど縫う重傷を負った記事がたくさん…
なぜそれを覚えていたのかというと、事件の内容も壮絶だが、山野井氏の両親のインタビューが非常に印象的だったんだ。安堵の表情を浮かべながら、
「無事で良かった。が、ひと月、ふた月したらまた山を登りだすのでは。」と…

・・・・・

私は登山やクライミング等に全く興味ない。当然山野井氏のことなど知る由もなかったが、ふとしたきっかけで読みだしたこの本になぜかのめり込んだ。
「凍」は、山野井氏が2002年37歳でヒマラヤの難峰ギャチュン・カンに妻と二人で挑んだノンフィクション。
その類いない登攀歴から「日本最強のクライマー」、その危険を顧みない登攀スタイルから「天国に一番近い男」と呼ばれる山野井氏。
そんな彼がギャチュン・カン単独登頂後の下降中、絶体絶命の危機に遭遇する。
幾度となく雪崩に襲われ、危険な場所での究極のビバークを何度も強いられ、妻妙子さんが雪崩に飛ばされ50m以上滑落し氷壁の下で宙づりとなり、雪崩直撃のせいか眼球が凍ったためか失明状態となり、支点作りのため凍傷覚悟で素手で氷以上に冷たい岩をまさぐり…
その困難は枚挙にいとまがない。

彼らは生きるためにすべての精力を使い果たす。そして最後は幻覚を見ながらも奇跡的に生還する。

その代償として山野井氏は手と足の指計10本を切断。妙子さんは既に第二関節からなくなっている両手の指を、全て付け根から切り落とした。
その鬼気迫る展開と緊張を、客観性、現実感を維持させることで、更に厚みをかける手法は、著者の面目躍如といったところだが、いやいや、ホントに凄い。半端ない…

・・・・・

山野井氏に関する文献を探し、読み漁った。
ギャチュン・カン後に挑んだグリーンランドの大岩壁のドキュメンタリー映像もDVDで見た。

山野井氏の生い立ちから多くの難峰の登攀歴、妙子さんとの出会いと結婚、アルパイン・スタイルでソロで登るこだわり(酸素ボンベがころがり、ロープもあちらこちらに吊り下がっているようなエベレストには興味がない)、ギャチュン・カンで二人が遭難と判断されてから、生還までの親御さんの心境、そして現在でも登り続ける二人の姿まで、多角的に見つめてみた。
それでも何故そこまでして登るのか。何故そんなにも困難が好きなのか、理解できない。

・・・・・

f0173964_19352175.jpg本人が書き下ろした「垂直の記憶」は、ギャチュン・カン生還後、自らのクライミング人生を振り返った登攀体験記。
そこで印象に残った語録を以下に。

「夢がなければ生きていられないし、都会で生活していると落ち着かず、すぐにでも雪と岩と氷の世界へ戻りたくなってしまう。
一般の人から見ると、狂っているかもしれないが、これが僕の人生なのだ。」
「生物を拒絶する岩と雪と氷の世界---。
僕はそこに帰らなくては生きていけない。厳しい環境が眠っている僕を生き返らせてくれるのだ。」
「僕にとっては、空気や水のように重要で、サメが泳いでいなければ生命を維持できないように、登っていなければ生きていけないのである。」


本人の文章もクライミングに人生を費やしていたとは思えないほど上手い。
作家の沢木氏に「アクションよりもリアクションを書くといい」とアドバイスを受けたようだ。

・・・・・

ギャチュン・カン後、山野井夫妻がどこへ向かうのか…8,000メートル峰を登攀するための体はもう無い。指を失ったことは致命傷だ。
そんなときの山野井氏の母のコメントがこれ。さすがは山野井氏の母親だ。

「二人がこれからまた山を続けていくとすれば心配ですが、でもそれは二人が決めることです。
それよりも、二人が目標を失ってしまうのが心配です。」
(「不屈者」より)

そんな母の心配も、結果的には杞憂に終わるのだが。
今もどこかの岩と雪と氷の世界で生きているのだから。

・・・・・

妻の妙子さんの登攀人生も壮絶だ。
彼女もまた日本を代表するクライマー。山野井氏が唯一一緒に登りたいと思った女性だ。
口数の少ない素朴な感じの女性だが、どんな状況下でも取り乱すことのない、肝が据わった人だ。
家事は何でもこなし、ご飯はかまどで炊き、おかずは庭の畑や近くの山で摘んだ芋や大根や山菜が並ぶ。
しかしその登攀人生は平坦ではない。
1991年ネパール・ヒマラヤの高峰マカルーで、帰路でのビバーク中、男性パートナーを失った。
ロープで宙づり、凍結、落下…そして彼女自身も鼻先と左足薬指を除く手足19本を凍傷で失った。そんな彼女が言っていた。

「(指は)多少不自由ですが、どうということはありません。常日頃はわすれてます。亡くなったパートナーのことは決して忘れませんが…」(「不屈者」より)
「山にはお金を掛けるけれど、他のことはどうでもいい。」(「白夜の大岩壁に挑む~クライマー山野井夫妻~」 より)

・・・・・

もしかしたら二人は稀代の幸せ者かもしれない。山野井氏はクライミングは遊びだと言っている。
「真面目に遊んでいるだけ。ただこの程度の遊びに何十年も命をかけている。」(「白夜の大岩壁に挑む~クライマー山野井夫妻~」 より)
こんな幸せなことはない。
人生を掛ける遊びを、見つけることさえできない人が殆どだ。
だから逆に山野井氏を応援したくなるのかな。決して自分では成し遂げられないとわかってるから。
せめて彼には…と。

学生の頃、沢木耕太郎著「深夜特急」に感銘を受け、香港へ一人旅をしたことがある。
今回も同じように熱くなるものがあったが、決して自分で登山してみようとは思わなかった。
私は「雪と岩と氷の世界」はどちらかといえば嫌いだ。
だからきっと永遠に彼の登りたいという純粋な気持ちと高いモチベーションは理解できないだろう。
だが、そんな山野井氏の誕生日は私と一日違いだ。何の関係もないが(笑)。

・・・・・

昨年、クマに襲われ、重傷を負った本人のコメント。(山野井通信より)
「残念なのは2ヶ月後にオーストラリアクライミングを考えていたのに最も大切な腕を痛めてしまった事です。
それでも・・・生きている熊に触れられるなんて・・・感動、言葉が適切ではないと思いますが、貴重な体験をしたような気がします。
野生動物を嫌いにもなっていません、また山のへの興味も失っていません。
僕は回復したら岩に登り、山に登りそして自然を満喫することでしょう。」

腕を20針、顔を70針縫った人のコメントです。
[PR]
by l-jones | 2009-02-08 16:30 | book