<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Soul Joint

ジョージ(仮名)  「やっぱりアル・グリーンだな。ブルーノートからの3作目もいいね。」

ジョン(仮名)   「もう出たの!?またプロデュースはウィリー・ミッチェル?」

ポール(仮名)   「それがちがうのよ。今回はクエストラヴとジェイムス・ポイザーなのよ。」

リンゴ(仮名)    「え?クエストラヴってルーツの!?どんな音なの?」

ジョージ&ポール 「ハイ・サウンドだよ。」

f0173964_0591645.jpgAL GEEN
「Lay It Down」('08/CD)


ブルーノートからの3作目。今作のプロデュースは、前々作(2003年)で奇跡のコンビ復活を遂げ、続く前作(2005年)でも不変たるハイ・サンドをこれでもかと具現化した、名手ウィリー・ミッチェルではなく、なんと驚きの、現行ブラックシーンを引っ張る新鋭クリエーター、クエストラヴとジェイムス・ポイザーだ。

よく勉強してる。
この二人のクレジットを見て、今時の洗礼された無機質なサウンドを想像させたが、そうではない。
これまた見事なまでのハイ・サウンド。しかも懐古的なものではなく、間違いなく新しい音だ。

ジャム・セッションにて創作。その為ソングライティングは全曲クエストラヴ(ドラム)とジェイムス・ポイザー(キーボード)、スパンキー(ギター)、アダム・ブラックストーン(ベース)、そしてアル本人による合作(一部アンソニー・ハミルトンとコリーヌ・ベイリー・レイも参加)だ。
南部フレイバー溢れる楽曲の良さはアル本人が絡んだことも大きいだろうが、プロデューサー陣がアルの為によく研究、勉強した成果でもあろう。どんな楽曲、どんな音が今のアル・グリーンらしさを最大限表現できるのか…その答えがアルバムの隅々にまで染み込んでいる。粒ぞろい、捨て曲なしだ。

確かに前作・前々作と比較すればソフィスティケイテッドな楽曲が多い分、アルのヴォーカルも幾分繊細で柔らかな印象。その為前作でのメンフィス・ホーンズを前面に押し出し、アルのヴォーカルと直接対峙し、がちんこするような躍動感は今作では失われている。
ブルーノートでの復活は、アルの抑揚の効いた緻密なヴォーカルよりも、その漲る躍動感と溢れた開放感に感動を覚えた僕としては、どちらかを選択するとすればやはり前2作だ。
しかしだからといって今作が否かと聞かれれば、当然それは違う。

日本盤にはボーナス・トラックが1曲収録されている。(12)″Perfect to Me(Live Version)” だ。これを聞く限りアルの中~高音域の声に全盛期の艶が多少失われた感は否めない。それを補うかのように、シャウト過多の嫌いもある。
そんなアルを包括した上での今作の楽曲なんだろう。今のアル・グリーンを最大限活かす。皆グッド・ジョブだね。

フューチャリング・シンガーも豪華。伊達男ジョン・レジェンドをはじめ、ゴスペル臭漂わす骨太シンガー、アンソニー・ハミルトン、そして去年のグラミー賞で主要3部門でノミネートされ話題をさらったオーガニックな癒し系女性シンガー、コリーヌ・ベイリー・レイだ。
単なる新旧コラボの話題以上に、3人の参加した曲はそれぞれ文句なしに素晴らしく、アルバムを彩る良いアクセントとなっている。また3人が御大アル・グリーンに対して大きな敬意を払っていることも、昔からのアルのファンに受け入れられる一因となるだろう。

BEST TRACKは…
フィラデルフィアの雄、ラリー・ゴールドが手掛ける流麗なストリングスが涙をそそるタイトル・トラック(1)か、ラスト(11)のご機嫌でファンキーなサザン・ミディアムか。いや、ベストは(4)。否でも応でも名作"Tired Of Being Alone"を彷彿させる楽曲は、ついつい頬がゆるむ。ラストのアレンジも生のセッション感が伝わってきて良い出来。そしてこの曲のアルはジョニー・テイラーが乗り移ったようなサム・クック調の温かな歌い方を見せる。そんなとこも嬉しかったり。
何れにしてもアルの酸いも甘いも噛み分けた余裕のある歌い回しは、何物にも代えがたい宝。なんせ笑い声さえ歌となり様になるんだから。

今回のこの"Soul Joint"は、今年2月に永眠された日本人グレイト・ソウル・シンガーORITO氏も天国で喜んでいることでしょう。

Track list
1. レイ・イット・ダウン/Lay It Down featuring Anthony Hamilton
2. ジャスト・フォー・ミー/Just for Me
3. ユーヴ・ガット・ザ・ラヴ・アイ・ニード/You’ve Got the Love I Need featuring Anthony Hamilton
4. ノー・ワン・ライク・ユー/No One Like You
5. ホワット・モア・ドゥ・ユー・ウォント・フロム・ミー/What More Do You Want from Me
6. テイク・ユア・タイム/Take Your Time featuring Corinne Bailey Rae
7. トゥー・マッチ/Too Much
8. ステイ・ウィズ・ミー/Stay with Me (By the Sea) featuring John Legend
9. オール・アイ・ニード/All I Need
10. アイム・ワイルド・アバウト・ユー/I’m Wild about You
11. スタンディング・イン・ザ・レイン/Standing in the Rain
12. パーフェクト・トゥ・ミー(Live Version)/Perfect to Me(Taken from Sessions@AOL)・・・日本盤ボーナス・トラック
[PR]
by l-jones | 2008-06-26 01:01 | soul review

ダンディズム

f0173964_18213762.jpgORAN "JUICE" JONES
「G.T.O」('87/LP)


'97年に突如復活し、アムバムまで出した(なんとプロデュースはウィリー・ミッチェル!)オランの‘87年の2nd。オランといえば、デフ・ジャムからスウィート路線でデビューし、その気の抜けたようなファルセットに妙に男臭さを感じさせる不思議な男。ヒップ・ホップ系を売りにしてるデフ・ジャムから、A(2)"Not On The Outside"をお届け??って違和感を感じたが、本作を聞き込むうち、その独特な甘美な解釈は80年代後半の変革期に上手くはまり、老若男女問わずして、各々が楽しめる美味しいお皿だったんだろうなと思えるようになる。

そのA(2)を筆頭に、同じく正統派スウィート・ソウルA(3)"You Don't Miss The Rain"、アリソン・ウィリアムズとのデュエット(アリソンの歌も素晴らしい!)のA(4)"How To Love Again"、70年代の香り漂うテンダー・ミディアム・スローB(2)"Rock The Night Away"、そして86年の1stとダブルが涙もののスロ-B(4)"Your Song"と、聴きどころ満載。シンセと打ち込みの音で固められたバックは個人的にはあまり好まないが、同じデフ・ジャムのチャック・スタンレー含むコーラス隊を率いた、グループ仕立ての歌はそれを補って余りあるし、兎にも角にもオランの歌は最高にダンディでスウィートだ。
[PR]
by l-jones | 2008-06-14 18:22 | soul review

ファファファファファ!

f0173964_11544281.jpgトータス松本
「涙をとどけて」('08/SINGLE CD)


ウルフルズのトータス松本の初のオリジナル・ソロ作品。ソロではソウル・カヴァー・アルバム(選曲もよかったな~)をリリースしているが、オリジナル曲は初。

しかし今回も1曲カヴァー収録。
M3、オーティス・レディング"Fa-fa-fa-fa-fa (Sad Song)"の名曲カヴァー。同時期にこれまた同じワーナーからオーティスの名盤"OTIS BLUE"が再発されたことを意識してかな、なんて勘ぐったが、まあ単純に好きなんだろうな。CDラベルもトータス色に染まってるし(笑)。
最初は日本人がオーティスのカヴァー!?って正直びっくりしたけど、オリジナルよりもテンポを上げたトータスのそれも新鮮だし、十分ソウルしてる。なにより歌っていてなんだか楽しそうだ(Sad Songなのに(笑))。しかし何故この曲を選んだんだろう。オーティス自作曲の中からチョイスしたのかな。それを本人に聞いてみたい。僕も大好きな曲だから。

Sad Songをカヴァーしたなら次は是非Happy Song(オーティス・レディング"The Happy Song(Dum-Dum)" '68)を!
ちなみにこのタイトル「Fa-fa-fa-fa-fa」は、オーティスがホーンのパートを声で真似する癖から付けれたもので、特に意味のない言葉らしい。

タイトル曲M1のスロー、M2"いつもの笑顔で"のミディアム、ともにシンプルな楽曲で力のあるトータスのヴォーカルが引き立っていて、良い仕上がりだ。特にM2はサザン・ソウル風のミディアムでお気に入り。
[PR]
by l-jones | 2008-06-12 11:55 | soul review

蘇るサプライズ

f0173964_11454449.jpgMANHATTANS LIVE
2008年5月31日土曜日(2nd)
@Billboard Live


一番好きなヴォーカル・グループのリード・シンガーって誰だろう。
ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルーノーツのテディ・ペンダーグラスか、いや、パースウェイダースのダグラス・スコットか、エンチャントメントのエマニュエル・ジョンソンか、ドラマティックスのウィ・ジーか、はたまたマンハッタンズのジェラルド・アルストンか…
挙げれば枚挙に遑がないが、この全員が少なくとも僕にとっては唯一無二、不世出のシンガー達であることは間違いない。

マンハッタンンズ、ニュージャージーを代表するヴォーカル・グループだが、ホワットノウツやエスコーツなどジョージ・カー率いるグループとは一線を画し、都会的で洗礼された甘さを売りに70~80年代に大ヒットを連発。僕はジェラルド・アルストンの甘さよりも、ジェラルド以前(60年代)のリード、ジョージ・スミスの泥臭さが気に入っていた頃もあったが、80年代に入ってボビー・ウォーマックとがっつり手を組んだ楽曲や続くソロ作品を聴き、ジェラルド・アルストンにとことん魅せられた。

さて、そのマンハッタンズ、約2年ぶりの来日公演…
またまた縁と運があり、週末のセカンド公演で、最前列、ド真ん中のテーブルをゲット。
ヴォーカル・グループの醍醐味は歌やコーラスワークと同時に、メンバー揃っての一糸乱れぬ振り付けにある。そのダンスを楽しむには最前列は適当ではないが、ジェラルドやブルーの生声を感じられる距離に立てるかと思うと、自然と最前列確保へ…こうなったら目を見開いて4人全員視界に入れてやろう(笑)。

開演。
いきなりマクファーデン&ホワイトヘッドの"Ain't No Stopin' Us Now"で、入場、スタートしたので、何でカヴァーよ!?って少しビックリしたが、そんな杞憂も続くミディアム"I'll Never Find Another(Find Another Like You)"で吹っ飛んだ。僕の目の前には昔から大~好きな想像通りのマンハッタンズが立っていた。
やはりサム・クック フレーバー溢れるジェラルド・アルストンの艶のある歌声はサイコーだし、ブルー・ラヴェットのド渋ヴォーカル(ベース)もまだまだ健在。オリジナル・メンバーではないが、脇役に徹した残り二人のメンバーも良い仕事をしてるし(なんと一人はラブ・コミッティ⇒現テンプスのロン・タイソンの弟!)。
ただ少し残念だったのが、ジェラルドとブルーのポジショニングがステージの両端だったこと。
最前列ド真ん中に陣取った席からは、どんだけ目を見開いても両端が一緒に見えない…

ステージではテンポ良く歌が繋がり、最高に良い雰囲気。
そして胸キュンバラード"There’s No Me Without You"のイントロが流れる中、ちょっとしたサプライズが。徐にブルーが胸ポケットから紙切れを取り出し、何か読み上げる。
「〇〇と〇〇。ステージへおいで。」
会場が少し響いた後、2階席より1組のカップル登場。そしてステージへ。
そう、結婚間近の二人をお祝いしようといった粋な計らいが計画されていたのだ。ステージ上ではこのサプライズに驚いた彼氏が、更に驚いてる彼女に指輪をプレゼント。そして会場に煽られ愛のキス(涙の口づけ!?)…
しかしこれってどんな豪華な結婚式よりも、違った意味で良い思い出になるよね~!?お幸せに!

f0173964_11444466.jpgそんなサプライズで和ませた後も、素晴らしいレパートリーは続く。マンハッタンズの世界に存分に浸る。
曲間にボビー・ウォーマックの"If You Think You’re Lonely Now"を挟んだりと、偉大なるパートナーへの敬意も忘れない。

そしてそのリスペクトが頂点に達したのが、ジェラルドのソロ。3人がステージをあとにし、一人残り、歌いだしたのが、そう、"A Change Is Gonna Come"。 自他共に認めるサム・クックフォロワーである彼が、パイオニアへのリスペクトを込めて、大熱唱。その堂に入った素晴らしい歌いっぷりは、もう鳥肌モノ。このライブの白眉だ。

そしてそして僕にとっての最高のサプライズはここだ。ソロパートが始まり、自身のソロ最新作であるサム・クック カヴァー集"SINGS SAM COOKE"について語っている時、最前列の僕は万が一のため(笑)に持参したLP(GERALD ALSTON "OPEN INVITATION")を彼に見せる。すると、なんと!ジェラルドはそれを僕の手から受け取り、嬉しそうにステージ上で掲げる。お客さんからは喝采が…ああ、もう何も求めません…その時まさに、僕が一番好きなリードシンガーが決定したのでした。マイティ!マイティ!GERALD ALSTON!!

f0173964_11213659.jpg素晴らしく充実した90分。そしてこんな短く感じる1時間半もなかなかない。しかしこのセット以外はスピナーズ、ボーイズ・トゥ・メンのメドレー(99年のライブ盤"MANHATTANS LIVE! FROM SOUTH AFRICA"には収録。ジャケットも今回のメンバー4人)も披露したらしい。恐らく今回はカップル・サプライズがあった為、カットしたのだろう…罪深きカップルさんよ、ホントに幸せになれよ~(笑)
f0173964_11451458.jpgラストは当然"Kiss And Say Goodbye"。何百回と針を落とした曲。初の生歌。感動もひとしお。アンコールはレイ・チャールズで有名な"Georgia On My Mind"。敢えて贅沢を言わせてもらうなら、しめはオリジナルで飾ってほしかった。まだまだマンハッタンズの名曲は無数にあるのに。
ジョージ・スミス時代の"Can I"なんてリクエストは個人的な思い入れだけだけど、南アフリカでのライブ盤には収録されてた"One Life To Live"とか、"A Million To One"なんかは歌っても絶対盛り上がるはずなのに…
まだまだ現役バリバリのマンハッタンズを目の当たりにすろと、ついつい欲が出てしまう。

ライブ後はサイン会。ジェラルドのソロ含め3枚もLPにサインしてもらった。このライブの余韻とともに家に持ち帰り、いつの日かまたこのジェラルドのサインと手垢付きのレコードを引っ張り出したとき、そのサプライズは甦るでしょう
[PR]
by l-jones | 2008-06-07 11:46 | live report