ハロルド・メルヴィンのいないハロルド・メルヴィンズ・ブルーノーツ

HAROLD MELVIN'S BLUE NOTES、RAY,GOODMAN & BROWN LIVE
2008年7月9日火曜日(2nd)
@Billboard Live


まさかの組み合わせだ。フィラデルフィアとニュージャージーを代表する二組がそろって日本のステージに上がるなんて…
僕が高校1年の時、ハロルド・メルヴィン~の''二人の絆''を始めて聴き、
「嗚呼、なんてソウルミュージックってロマンティックなんだ」と思い、
高校生2年の時モーメンツの''ルック・アット・ミー''を聴き、
「嗚呼、なんてソウルミュージックってスウィートなんだ」
って、大興奮したっけ。まさにこの2組は僕がスウィート・ソウル好きになるきっかけとなった、想い出のヴォーカル・グループだ。そんなグループの競演を目の当たりに出来るなんて、これはもうソファーでむせび泣くしかない。

ただしハロルド・メルヴィン~にはリーダーのハロルド・メルヴィンもいなければ、看板リードのテディ・ペンダーグラスもいない。また同じくレイ、グッドマン&ブラウンのハリー・レイもいない。
リード・ヴォーカルが変わることは、別のグループに変身すること、と言った意見にもうなずけるが、まあそんな固いことは抜きにして、思い出いっぱいの往年の名曲達を生で体感しましょう。

まずはハロルド・メルヴィン~。確かにテディ・ペンは不在だが、リードはテディ・ペン風のバリトン・ボイスを自在に操るいかした人。過去の経歴は知らないが、もう何年も歌ってきたかの様な余裕の歌いまわし。
途中ゲストでシャロン・ページが登場。ベスト盤にも収録されれてる自身参加の2曲(''Hope That We Can Be Together Soon''、'' You Know How To Make Me Feels So Good'' )を披露した。ちょっと太り過ぎだけど、いい声だ。
また他のメンバーの激しい踊りにも心躍った。しっかり伝統は受け継がれているわけね。

続いてレイ・グッドマン&ブラウン。ハリー・レイ役の大役を果たすのがケヴィン・オウエンス。メタボ風のオリジナル・メンバー、アル・グッドマンとビリー・ブラウンに対して、スマートでベビーフェイス、そして甘くとろける様なファルセット・ボイスが持ち味のケヴィン。その対比が実に面白い。
特別引き立つファルセットではないが、なんせ曲が良い。これぞスウィート・ソウルといった名曲を次々と歌い繋ぐ。男でもうっとり、とろ~りくる瞬間が何度も訪れる。
いや~ソウルってほんとにいいもんですね。感動した!

アンコールは全員集合で、''Ain’t No Stoppin Us Now''を大合唱。そういえばマンハッタンズの入場の曲もこの曲だったな…なんでだろう。まあ、日本でも人気があるからいいのだが。

f0173964_14173013.jpg←当日持参したケヴィンのソロ・アルバム。サイン会も無かった為、使うことはなかった。ルーサー・ヴァンドロスが参加したテンプスのカバー''You're My Everything ''の出来は秀逸。
[PR]
by l-jones | 2008-08-29 18:09 | live report
<< まりやは「たっつぁん」と呼んでました 2008年 平和の祭典 >>