エディは息子たちに気が付いた

f0173964_16374837.jpgEDDIE LEVERT of THE O'JAYS LIVE
2009年5月8日金曜日(2nd)
@Billboard Live


エディ、サム・クックを歌う。

心待ちにしていたライブ。ぼくの大好きなフィラデルフィア・サウンドを代表するヴォーカル・グループ、オージェイズ。そのグループのリーダーであるエディ・リヴァートがやってきた!
高校時代、繰り返し聴いた。レコードが擦り切れんばかりの勢いで。そう「Love Train」は僕の青春のテーマ曲だ(笑)。

しかもこれまた知人のお陰で2列目ど真ん中の最高のポジションを確保。もう胸は高鳴る一方だ。
そんな期待とは裏腹に開演前の客席は空席が目立ち、エディのテンションを心配してしまう。
なぜ?エディよりもミュージック・チャージが高額なのに、毎回満席のキース・スウェットやベビー・フェイス。彼らよりエディはアーティスト・パワーが下なのか...理解できない。完全に客観性を失っているが。
それでも予定より5分遅れの開演時には、なんとか形になる程度に席は埋まり、胸をなでおろしたが。

開演
パック・ミュージシャンと一緒に入場。まだスポット・ライトは当たっていないが、間違いなくあれはエディの背中だ。
いきなりきた!!「Back Stabbers」だ。いきなりギアはトップに!しかしエディはこの日のセカンド公演に関わらず、声が出ていない…この曲のあとあたりから調子を取り戻したが、如何せん66歳の御大だ。大目に見なくては。
そしてこれはヒットメドレーとなっていて、そのあと「I Love Music」「Love Train」と続いた。この3曲を冒頭に持ってきてこのあとどうなんのよ~!?って期待と不安が同時に押し寄せた。

70年代、ギャンブル&ハフの創り出す骨太で流麗なフィリー・サウンドと、エディとウォルター・ウィリアムスの濃厚なツインヴォーカルを見事にブレンドさせ、一世を風靡したオージェイズ。80年代後半からは息子であるジェラルド・リヴァートの後押しもあり、新しい音にチャレンジし続ける。結果、オージェイズは30年以上決して懐メロとならず、常に第一線で活躍をしてきた。

そのエディが目の前に。歌って欲しい曲は山ほどだ。
しかしその期待は見事に裏切られた。何故にそんなに人の曲を歌うんだ??
ジェラルド絡みの曲を3曲。これは当然。今は亡き天才息子に捧げる曲だ。
ギャンブル&ハフ絡みで「Wake Up Everybody」もよしとしよう。実際素晴らしいアレンジだったし、エディの重厚なヴォーカルも堪能できた。
問題はそれ以外のカヴァー曲。エディにとっての”オールド・スクール”を歌ったようだが、如何せん曲が多すぎる。ロバート・パーマーからBBキングにサム・クック3曲メドレーと…ラストの「Survival」以外、カヴァーで固めたセット後半は、どうひいき目で考えても構成ミスだ。

f0173964_15222788.jpg涙チョチョ切れ珠玉のディープバラード「Let Me Make Love To You」をなぜ歌わないのですか。
なぜ「Lovin' You」、「Cry Together」、「Brandy」を歌わないのですか。
エディのゴスペル唱法ならではの火傷必至のファンク、「Give The People What They Want」
をなぜ歌わないのですか。
なぜ「For The Love Of Money」、「Sing A Happy Song」を歌わないのですか。
30枚近くオリジナル・アルバムをリリースしてるのですよ。
カヴァーならボブ・ディランの「Emotionally Yours」があるじゃないですか。

サム・クックはソウル・ミュージックのパイオニアだ。エディのファンで嫌いな人はいない。
しかしサム・クックではスタンディングにはならず。ラストの「Survival」では総立ち。
エディ御大、みんなの願い、汲んでください。
また待ってます。

SETLIST
 1. [Medley]Back Stabbers~I Love Music~Love Train
 2. Use Ta Be My Girl
 3. Wake Up Everybody [Harold Melvin & The Bluenotes]
 4. When The World's At Peace
 5. Already Missing You [Gerald Levert & Eddie Levert]
 6. Baby Hold On To Me [Gerald Levert & Eddie Levert]
 7. Casanova [Levert]
 8. Addicted To Love [Robert Palmer]
 9. The Thrill Is Gone [B.B.King]
10. [Medley]Twistin' The Night Away [Sam Cook]~Shake [Sam Cook]~Having A Party [Sam Cook]
11. Survival


f0173964_1523973.jpg息子とのデュエット曲を親父がソロで歌っている。オーソドックスなソウル・バラードの曲の良さも相まってジーンときてしまった。椅子に腰掛けて歌うエディも泣いている。あれは汗ではない。涙だ…
その間、僕は息子たちのレコードを胸に抱きながらエディの歌に聞き入った。
エディが歌いながら気が付いた。リヴァートのファースト・アルバム「I GOT HOT」に。レコードを指差す。そして僕の目を見て微笑んだ...
エディ・リヴァートはジェラルド・リヴァートとショーン・リヴァートの父親だ。
[PR]
by l-jones | 2009-05-09 16:12 | live report
<< ソウルバーをはしご "... 山下達郎 生放送で大いに語る >>